teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


よく使うサイトです

 投稿者:よく使う  投稿日:2017年 2月 4日(土)16時13分22秒
  サービス終了で困ってます。
他のサービスで再開してください。
 
 

教えて下さい。

 投稿者:IQ25  投稿日:2016年 8月31日(水)18時36分16秒
  このHPの最後の式について教えて下さい。
http://members3.jcom.home.ne.jp/nososnd/grel/spinor.pdf#search=%27%E6%9B%B2%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8E%E3%83%AB%27
平坦な4次元Minkowski時空の計量の場合、γ行列の反交換関係
{γ_a ,γ_b}=2η_{ab}
となります。(HPにはハットがありますが、ここでは省略してます。)
この関係を満たすγ行列は
γ0={{1,0,0,0},{0,1,0,0},{0,0,-1,0},{0,0,0,-1}};
γ1={{0,0,0,1},{0,0,1,0},{0,-1,0,0},{-1,0,0,0}};
γ2={{0,0,0,-I},{0,0,I,0},{0,I,0,0},{-I,0,0,0}};
γ3={{0,0,1,0},{0,0,0,-1},{-1,0,0,0},{0,1,0,0}};]];
となります。

曲がった時空g?ν の場合は
{γ_μ ,γ_ν}=2g_{μν}
に従いますが、
例えば
g_{μν}={{1,0,1,1},{0,-1,0,0},{1,0,-1,0},{1,0,0,-1}}
とすれば、これを満たすγ^μ ,γ^νは、具体的にどのような行列になるのでしょうか?
(g_{μν}はη_{μν}以外でしたら何でも構いません。計算しやすいもので結構です。)



http://members3.jcom.home.ne.jp/nososnd/grel/spinor.pdf#search=%27%E6%9B%B2%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%99%82%E7%A9%BA%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8E%E3%83%AB%27

 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2016年 8月22日(月)23時26分23秒
  積分公式 に ミス.....  

Who are you?

 投稿者:今野 滋  投稿日:2016年 6月18日(土)00時18分7秒
  なかなか気合いの入った物理のコンテンツを多数著作されているあなたは誰?

http://sig3.org

 

いまさらですが

 投稿者:サブのそ  投稿日:2016年 3月 9日(水)21時18分15秒
  掲示板放置してたので、質問見てなかったです。
多分このことだと思いますが、\epsilonの3次元成分は第三成分の方向に進んでいるなら、(1,0,0)と(0,1,0)です。時間成分は0です。
 

Re;逆積分

 投稿者:トビラ。。  投稿日:2016年 2月17日(水)05時16分26秒
  すみません。自己解決しました。変な逆積分の概念をもちいなくても既存の数学で証明できました。  

逆積分

 投稿者:トビラ。。  投稿日:2016年 2月15日(月)19時11分54秒
  すみません。逆積分を考えたのですが誰か意見を頂けないでしょうか?
ヘルプミィーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃

http://media.wix.com/ugd/be26a4_b8e4726568f14618910abc35b1a17cf4.pdf

 

コンプトン散乱計算での光子の偏極εについて教えて下さい。

 投稿者:IQ40  投稿日:2015年11月17日(火)12時15分13秒
  こんにちは、只今、コンプトン散乱~クライン・仁科の公式~を勉強中です。

http://members3.jcom.home.ne.jp/nososnd/qed/comp.pdf

光子の偏極εについて、教えて下さい。

HPの計算(例えばP9の上から4行目)

Tr[sl[ε'].sl[k].sl[ε].(sl[pi] + ms).sl[ε].sl[k].sl[ε'].(sl[pf] + m)];

を、機械的な方法(行列を書き出して、力ずくで、計算する)でやりたいです。

slash[k]とかは、ガンマ行列を明示すると以下のように表せます。

入射電子・光子 散乱電子・光子
slash[k] =γ0 * k0 +γ1*(-k1) +γ2*(-k2)+γ2*(-k3);(入射光子)
slash[k'] =γ0 * k'0 +γ1*(-k'1) +γ2*(-k'2)+γ2*(-k'3);(散乱光子)
slash[pi] =γ0 * pi0 +γ1*(-pi1) +γ2*(-pi2)+γ2*(-pi3);(入射電子)
slash[pf] =γ0 * pf0 +γ1*(-pf1) +γ2*(-pf2)+γ2*(-pf3);(散乱電子)


ガンマ行列
γ0 = {{1, 0, 0, 0}, {0, 1, 0, 0}, {0, 0, -1, 0}, {0, 0, 0, -1}};
γ1 = {{0, 0, 0, 1}, {0, 0, 1, 0}, {0, -1, 0, 0}, {-1, 0, 0, 0}};
γ2 = {{0, 0, 0, -I}, {0, 0, I, 0}, {0, I, 0, 0}, {-I, 0, 0, 0}};
γ3 = {{0, 0, 1, 0}, {0, 0, 0, -1}, {-1, 0, 0, 0}, {0, 1, 0, 0}};



コンプトン散乱の場合、トレースを計算した後は、下記の関係を代入して、断面積を求めたいです。
(偏極を考慮しない場合は、機械的にこの方法で、いくつかの工程を経て、最終的には、断面積が計算出来ます。)


p0 = (s + m^2)/(2 Sqrt[s]);
p1 = 0;
p2 = 0;
p3 = (s - m^2)/(2 Sqrt[s]);


q0 = p0;
q1 = p3*Sqrt[1 - z^2];
q2 = 0;
q3 = p3*z;


k0 = p3;
k1 = 0;
k2 = 0;
k3 = -p3;


j0 = p3;
j1 = -p3*Sqrt[1 - z^2];
j2 = 0;
j3 = -p3*z;

s = 2*k*p + m^2;
u = -2*j*p + m^2;


では、光子の偏極 slash[ε](入射)、slash[ε’](散乱)は、どのように表せば良いでしょうか?

slash[ε] =γ0 * ε0 +γ1*(-ε1) +γ2*(-ε2)+γ2*(-ε3);(入射光子)
slash[ε'] =γ0 * ε'0 +γ1*(-ε'1) +γ2*(-ε'2)+γ2*(-ε'3);(散乱光子)

ε0 =?
ε1 =?
ε2 =?
ε3 =?

ε'0 =?
ε'1 =?
ε'2 =?
ε'3 =?






 

(無題)

 投稿者:サブのそ  投稿日:2015年10月15日(木)01時35分13秒
  1.その通りです。

2.ただの誤植なので、直しておきます。

3.読み返してみると、分かりづらい部分が散見しているのでその内直すと思います。
 

S-matrix pdf

 投稿者:やっくる  投稿日:2015年10月 9日(金)10時49分33秒
  いくつかご質問ができましたので、誠に勝手ながら投稿させていただきました。

1
 S-matrix の表現としてS-matrix演算子によるものを求める際に、in-stateをt→-∞の極限として書かれていましたが、ここは相互作用表示の状態|P(t)>の極限ということでしょうか?(例えば断熱近似であれば、無限大の過去・未来でのハミルトニアンは自由な部分なので、そこでは相互作用がなかったという文意に沿うので)

2
 質問1のところで、時間発展演算子が登場していますが、これは以前に出てきたものと考えています。ただ、極限の取り方からlim(t1→-∞,t2→+∞)U(t1,t2)なので、そのまま形式的に入れるとU(-∞,+∞)となり、その下もしく一般的に他の書籍にあるようなS-matrixの定義U(+∞,-∞)に合いませんが、大丈夫なのでしょうか?

3
 dσの計算の始まるところは、PeskinP104の後半のような説明がないと、唐突すぎて誤解が生じるかもしれません。
 

レンタル掲示板
/18