teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/3926 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

支那と南朝鮮の国名使用の「中」「大」は日本製漢字。 

 投稿者:chikara.3  投稿日:2021年10月18日(月)20時06分9秒
  通報 返信・引用
   支那の人が、南朝鮮の「大」の文字を使うのは、おかしいともらす。大きくもないのに「大」韓民国。あの、ロシア、アメリカ、カナダでさえ「大」の文字を使わない。小国のくせにオカシイ。
 私が言いたい。支那の国名に「中華」や「中国」としているが、「中」の国は日本に存在した。漢字の70%は日本で創られた文字。出雲の地にオオクニヌシの国。「穴津国なかつくに」→「中国なかのくに」。まさしく「穴なか」文字が書き墨の節約を目的に「中なか」になった。8世紀の初めに創られ。古事記や日本書紀に使用された。にっぽんで創られた。また「大」の文字も同じ頃、創られた。「鬼おお」→「大おお」同じく書き墨の節約目的で創られ、同じく記紀でたくさんつかわれた。
 両国とも、日本を敵視してるが、日本製の「中」「大」を国名に使用するとは、はなはだオカシイ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/3926 《前のページ | 次のページ》
/3926